読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スティールダーツ・ハードダーツブログ

国内外のハードダーツ・スティールダーツについて、やっていて感じた事や、見ていて思った事等を書いています。

WEEK5 Betway プレミアリーグ!

PDC プレミアリーグ

さて、WEEK5となりましたプレミアリーグですが、今回背中の痛みを理由にMVGが出場せず。
チズネルが2試合に挑む変則的なマッチカードとなっています。


UKオープンテレビファイナルも今週末ですが、MVG大丈夫でしょうか。

さて、気になる結果から。

 

デーブ・チズナル7-2 レイモンド・バン・バーナベルト
イェル・クラーセン 6-6 キム・ハイブレクト
ギャリー・アンダーソン 6-6 フィル・テイラー
エイドリアン・ルイス 7-2 ピーター・ライト
ジェームス・ウェード 7-5 デーブ・チズナル

 

ここまでリーグテーブルで最下位だったチズネル。
早速バーニーとのゲームでしたが、終始チズネルの流れでしたね。
100+のアベレージと63%のダブル。
良い内容でしたが、1試合目を見ていてもっと入れる事が出来そうだなと感じました。

最終legなんて、7本目までのパーフェクトでしたからね。
2ポイントも大きいですが、leg数プラス5は大きい結果でしたね。
第2試合も期待です。

 

対象的に二人して安定感を失ったクラーセンとハイブレクトはドローで痛み分けとなりました。
6-4でクラーセンがリードしている中、122残りで54→54でのダブル7をミスしたのはもったいなかったですね。
最終legを140→140→140→3本目で上がったハイブレクトを褒めるべきか。
ただ、スイッチが入るのが遅いのは前回のフィル戦でも思ったところ。
クラーセンも爆発力がある割にミスが多い印象です。

 

第1試合でチズネルが勝った時点で、リーグテーブル最下位はクラーセン。
その次にハイブレクト。
残りゲームでのプレッシャーがかかりますね。

 

次のゲームはギャリーvsフィル

このゲームも不思議とフィル・テーラーの流れが出来ていたように思います。ゲーム展開を作るという事でしょうか。私にはわからない世界が展開されていたのかも知れません。

リードはそれぞれに有りましたし、それぞれにミスが有りました。

ただ、最後の177で32残りのテーラーに対して、183を180で返して会場を盛り上げたギャリー。何か感じるモノがあったのでしょう。これは6-6になるという流れだという。

久しぶりに100+のアベレージを出して来たフィル・テーラーですが、180は0。140+が16。不思議なスタッツです。

フィルもギャリーも楽しそうだったのは印象的でした。

 

さて、今日の1番盛り上がったゲームは、ここでしょう。

 

エイドリアン・ルイスvsピーター・ライト。

 

前の試合も良かったのですが、オープニングからルイスが7本目までのパーフェクトを見せる好調ぶり。

前週のMVG戦から、何か掴みかけているように見えましたね。先週末には9ダーツも出していますし。復調期待します。

 

ただ、それを上回って大暴れしたのはピーター・ライト。

 

180→180→89→12と残り40のルイスに対して、100→180→180→3本目と12ダーツで返して1st legを奪うと、削りではほぼ1/3の確率でトリプルを混ぜ込みフィニッシュは70%、最終アベレージ119.50という驚異のゲームで2ポイントを獲得しました。

 

ルイスも109.15という素晴らしいアベレージを魅せましたが、この日はライトの日だったようです。

 

昨年のMVGが記録した123.40にはさすがに届きませんでしたが、とんでもないダーツを魅せたピーター・ライト。UKオープン、ステージトーナメントでの結果が欲しい所ですね。

 

さて、こんなとんでもないゲームを見た後なので、どうしても見劣りしてしまうウェードvsチズネル。

 

結果的にチズネルがダブルヘッダーの両方で2ポイントを獲得するという素晴らしい活躍を魅せた訳ですが、なんとなく物足りなさが出てしまいましたね。

2人のアベレージは90前後。前の試合と比べると20もの差が有りました。

 

気になったのは、ウェードのセッティングが変わっていたような気がします。

 

申し訳ないのですが、それぐらいの感想になります。

 

さて、今回のゲームで審判の夜への折り返しを迎えました。

 

今回はリーグテーブルを見てみましょう。

フィル・テーラー/7ポイント/レッグ差+7
ピーター・ライト/7ポイント/レッグ差+6
マイケル・バン・ガーウェン/6ポイント/レッグ差+7
ジェームス・ウェード/6ポイント/レッグ差+3
デイブ・チズナル/6ポイント/レッグ差-3
ギャリー・アンダーソン/5ポイント/レッグ差+2
レイモンド・バン・バーナベルト/4ポイント/レッグ差-6
エイドリアン・ルイス/3ポイント/レッグ差-5
キム・ハイブレクト/3ポイント/レッグ差-5
イェル・クラーセン/3ポイント/レッグ差-6

 

以上となってます。

無敗を守ったフィル・テーラーが1位ですが、1試合少ないMVGがWEEK6でどんなダーツを見せるか楽しみですね。

 

おさらいですが、WEEK9審判の夜をもって下位2名が脱落。残った8名で更に総当たりをし、プレーオフの4名を決定するプレミアリーグ

 

とは言え、1位と10位の差はポイント差4。2試合でひっくり返る可能性も有りますので、まだまだ脱落が誰になるのか油断の出来ないゲームが続きます。

 

さて、次週の組み合わせを確認しましょう。

エイドリアン・ルイス vs フィル・テーラー

ジェームス・ウェード vs ピーター・ライト

キム・ハイブレクト vs マイケル・バン・ガーウェン

イェル・クラーセン vs レイモンド・バン・バーナベルト

デイブ・チズネル vs ギャリー・アンダーソン

 

個人的注目カードはルイスvsテーラーですかね。師弟対決というのももちろんですが、復調の兆しを見せるルイスが無敗のテーラーに挑む、というのは好ゲームを期待したい所です。

 

久しぶりに長文となり、投稿が遅くなりました。

 

まぁ、まだまだ閲覧数も多くはないのでゆっくりとしたペースで書いていこうと思います。

 

よろしくお願いします。

 

ではでは。