読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スティールダーツ・ハードダーツブログ

国内外のハードダーツ・スティールダーツについて、やっていて感じた事や、見ていて思った事等を書いています。

WEEK3 Betwey プレミアリーグ!

PDC プレミアリーグ

UKオープン予選から少し間があり、久々のゲーム更新です。

 

まずは、結果から!

 

ギャリー・アンダーソン 5-7 ピーター・ライト
エイドリアン・ルイス 4-7 ジェームス・ウェード
フィル・テーラー 7-4 レイモンド・バン・バーナベルト
マイケル・バン・ガーウェン 7-4 イェル・クラーセン
デーブ・チズナル 7-4 キム・ハイブレクト

 

以上となっております。

今週は引き分けが無かったですね。

 

ガーウェン対クラーセン、やはり握手も無ければ目も合わせない。

因縁の対決はMVGに軍配。

途中まではクラーセンが何か起こすかと思いましたが、流石のMVG。慌てることなくゲームを支配しましたね。

 

注目ゲームは、ギャリー対ライト。

ライトが強かったですね。

何が凄いってフィニッシュが完璧でした。

 

116.121.116.120と、立て続けに100+を落としていく。

次の81も19→12→50で完璧。

そのlegは、ギャリーが177→180と来ている中、先行のライトは慌てずに140×3でしっかりと削ってからの81。素晴らしかったですね。

 

 対するギャリー、悪かったかと言われればそんなことは無く、2-4となってからの猛攻は凄まじいモノでした。

それをかわして勝利を収めたライトが、この夜は良過ぎたという所かと思います。

 

アベレージはライトが109.48。ギャリーが106.59。間違いなく最高レベルの戦いだったと思います。

 

140が軸のライトと、180が軸のギャリー。そんな戦いだったかと思います。

 

と、ここで終わるわけにはいかないんです。

 

テイラーvsバーニー

 

これまた素晴らしいゲームでした。

ゲーム内容ではライトvsギャリーに敵わないかも知れませんが、2人の今までのライバル対決の、もしかしたら最後かも知れないゲーム。

 

2人とも、ゲームに集中しながらも、とても楽しそうに投げていたように感じます。

 

9ダーツトライに対して、107フィニッシュに対して、161のブルをミスした時、バーニーが順番を間違えてしまった時、2人は笑ってやりとりをしていました。

 

ゲームを終えた時のハグ、PDC公式ページに載っている写真、なんと素晴らしい2人なのだろうと思わせてくれるゲームだったと思います。

 

ダーツって、良いスポーツだなって思いました。

 

さて、気持ちを切り替えてリーグテーブルを確認しましょう。

詳しくはPDC公式ページをご覧ください。

 

無敗がガーウェン・テイラー・ウェイドの3名。

ノーポイントがクラーセンですね。

 

そろそろ審判の夜に向けて勝敗・ポイントが気になり始めますね。

 

個人的にはルイスの調子が上がらない所に注目しています。

トーナメントアベレージ最下位なんです。

前回はチジーに大きく勝利を収めていますが、このままでは審判の夜を越えられないのではないかと心配です。

 

ちなみに、テイラーブービーですが無敗で2位。アベレージ差で1位がMVGです。

 

何故テイラーは負けないのか、というのも気になりますが、MVG、ギャリー、ライト、この3人以外のパフォーマンスが低いように感じるのも気になってます。

 

今日はこの辺で。

 

ではでは。