読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スティールダーツ・ハードダーツブログ

国内外のハードダーツ・スティールダーツについて、やっていて感じた事や、見ていて思った事等を書いています。

WEEK2 Betway プレミアリーグ!

PDC プレミアリーグ

さて、本日からまたプレミアリーグ+UKオープン予選の4連続が始まりました。

 

早速結果から!

 

エイドリアン・ルイス 7-2 デーブ・チズナル
ジェームス・ウェード 6-6 フィル・テーラー
イェル・クラーセン 3-7 ギャリー・アンダーソン
ピーター・ライト 3-7 マイケル・バン・ガーウェン
キム・ハイブレクト 6-6 レイモンド・バン・バーナベルト

 

となっております!

 

この中で私の注目したゲームはウェードVSテイラーです。

正直、ゲーム途中まではウェードが勝つと思いました。テイラーがあまり入っていなかったというのもあったんですが、ウェードが途中まで本当に良いダーツをしてたんですよ。

 

ただ、そこは歴戦の強者フィル・テイラー

121.104.142と素晴らしいフィニッシュを見せ食らいつき、結果6-6イーブンにしてみせました。

フィル・テイラーのハイオフがウェードにプレッシャーを与えたのかな、と。

 

試合前のコメントでウェードは、「フィルは昔のような素晴らしいフィニッシュや安定感、攻撃性は無くなったが、それでもどんなプレイヤーでも倒すことの出来る実力を持っている」というコメントを出してましたが、評価通りの結果となってしまいましたね。

昔ほどの安定感を失いつつあるフィル・テイラーですが、素晴らしいフィニッシュを時折見せる姿は、流石の一言。

 

特に、5-5となった142フィニッシュは素晴らしかったです。

 

今回のゲーム、フィル・テイラーは180が一度も出ませんでした。

しかし、それでも世界トップレベルにいる事に間違いありません。

 

そんなゲームでしたね。

 

やはり、プレミアリーグのプレッシャーか、どの選手も普段通りのアベレージに到達していないような印象です。

 

WEEK2で、アベレージ100を超えたのは、MVGの105と、ギャリー・アンダーソンの100。

やはり、この2人はどこか違うレベルに到達しつつあるのかも知れませんね。

 

リーグ・テーブルはPDC公式をご覧ください!

審判の夜までまだまだ有りますが、MVGを倒す選手は出てくるのでしょうか。

 

やはりテレビ中継になるとMVGは強いですね。

 

ではでは。