読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スティールダーツ・ハードダーツブログ

国内外のハードダーツ・スティールダーツについて、やっていて感じた事や、見ていて思った事等を書いています。

2017William Hillワールドダーツチャンピオンシップ 2回戦最終日

2回戦も最終です。

どんどん感想書いていきます!

 

キム・ハイブレクト 4-0 マックス・ホップ

んー、マックス・ホップのパフォーマンスが低かったですね。バン・デ・ブート戦のパフォーマンスがここでは発揮されず。

3本目が入らなかったですね。

ハイブレクトも決して良くはなかったですが、運が良かったのか、それすらもチャンピオンシップの流れなのか。

次はフィル・テイラーと対戦。このままでは厳しいですね。

 

 

ジェームス・ウェード 4-1 スティーブ・ビートン

4set目だけパフォーマンスが落ちて、スティーブ・ビートンに取られましたが、概ね余裕を持ってウェードが勝利。

圧倒的とまでは言いませんが、ウェードの勝利は順当でしたね。

最後のトップ、ど真ん中への入り方は気持ち良かったですね。


イェル・クラーセン 4-0 ブレンダン・ドラン

やっぱり好きになれないイェル・クラーセン。

凄いプレーヤーだと思います。

このゲームも、9ダーツトライが2回なんて大盛り上がりを見せてますから、素晴らしい選手なのはわかっているんですけど、もっと出来るだろう!クラーセンは!という思いが私の中にあるのかも知れません。

クラーセンがトップを取るイメージが無いんですよね。なんでだろ。


ピーター・ライト 4-0 ジャーミー・ルイス

 これはピーター・ライトが強かったです。

ジャーミー・ルイスはノーチャンスでした。

ジャーミー・ルイスのダブル率16.6%ですが、そもそも6本しかダブルトライさせてもらえず。110フィニッシュは意地が見えて良かったですね。

ただ、ピーター・ライトが強かった。

144フィニッシュのタイミングは、最高でしたね。1set終わってジャーミー先行のleg、切り替えて行こうという所で、38残りのジャーミー・ルイスに対して144残りのピーター・ライト。

確かにそれを上がる力は有るのはわかっていましたが、ここで来るかと言うタイミング。

あれやられたら、さすがに少し心が折れかけますね。

 

ダブル率75%って。

12/16ダブルインって。

アベレージ103って。

なのに180が2回ってどういう事ですか。

 

次はイアン・ホワイトですね。

今のピーター・ライトならいけますね。

 

ついに3回戦へ!!

 

ではでは。