読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スティールダーツ・ハードダーツブログ

国内外のハードダーツ・スティールダーツについて、やっていて感じた事や、見ていて思った事等を書いています。

ハードダーツとソフトダーツで違う、ブルの印象

ソフトダーツを初めて投げた時、狙ったのはブルでした。

初めてのハットトリックを出した時には大喜びし、ブラックが出た時には叫びました。

 

ソフトダーツを始めた頃、狙うのはブル。

01も狙うはブル、クリケットも最後はブル。

 

ダーツを、【ブルを狙うゲーム】だとばかり思っていました。

 

ハードダーツ・スティールダーツを始めて、60を狙うようになり、私は初めてブルを狙わないダーツに触れました。

 

ブルは、501をあがるための手段の一つでしかないと、初めて気づきました。

 

日本のダーツとは、ブルを狙う競技。

ハードダーツ・スティールダーツは、501を早くあがる競技。

 

凄い極論ですけど、そういうイメージ。

 

良い悪いではなくて、そう思ったんです。

 

サッカーとフットサル、硬式・軟式野球/テニスが違う競技なように、ソフトダーツとハードダーツ・スティールダーツも違う競技なんだと思った方が楽しい。

 

ただ、どっちもやってみると、それぞれに良い影響があると思う。

 

投げたいな。

 

ではでは。