読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スティールダーツ・ハードダーツブログ

国内外のハードダーツ・スティールダーツについて、やっていて感じた事や、見ていて思った事等を書いています。

Judgment Night Betway プレミアリーグ!

さて、ついに審判の夜を迎えました。

 

気づけばあっという間でしたね。

 

今週は、キム・ハイブレクトが事情があり欠場となったため、4試合です。

対戦相手の予定だったピーターからも、キムと御家族への言葉が有りましたね。

 

さっそく結果にいきましょう。

 

フィル・テーラー 7-5 イェル・クラーセン
ギャリー・アンダーソン 7-3 エイドリアン・ルイス
レイモンド・バン・バーナベルト 7-2 ジェームス・ウェード
マイケル・バン・ガーウェン 7-1 デーブ・チズナル
ピーター・ライト 7-0 キム・ハイブレクト(欠場)

 

心配されていたクラーセンですが、やはり手首の故障は深刻なのかも知れませんね。

4-1となってから崩れた印象です。それが、怪我によるものなのか、はたまた実力か。

明らかに手首を気にする仕草は見られていたので心配です。

 

ギャリー、バーニー、ガーウェンは順当に勝ち星を挙げてプレーオフに向けて準備が整っている感じですね。

 

ここ最近のダーツからすると、この3人とライトがプレーオフに近いように思いますが、どこで誰がコケるかわからないのがプレミアリーグ

 

上位4人に続くテーラーやルイスが、トップ4へのプレッシャーをどれだけ強められるかのか。

 

申し訳ないですが、チジーとウェイドがプレーオフに絡むようには思えないので、この2人を相手にした時にポイントを取れるか否かが今後のプレミアリーグに絡んでくるのかな、と個人的には思ってます。

 

では、リーグテーブルです。

 

マイケル・バン・ガーウェン/14ポイント、レッグ差+19
ピーターライト/13ポイント、レッグ差+16 
レイモンド・バン・バーナベルト/12ポイント、レッグ差+8
ギャリー・アンダーソン/11ポイント、レッグ差+10
フィル・テーラー/11ポイント、レッグ差+5
エイドリアン・ルイス/9ポイント、レッグ差±0
ジェームス・ウェード/8ポイント、レッグ差-3
デーブ・チズナル/6ポイント、レッグ差-16
イェル・クラーセン/3ポイント、レッグ差-19(脱落)
キム・ハイブレクト/3ポイント、レッグ差-23(脱落)

 

次週からは、生き残りをかける戦いというよりは、プレーオフに向けて挑む戦いになるかと思います。

出来たら、ここからチジーとウェイドが上位陣をかき回して最終節まで結果の読めないゲームが続けば良いな、と思います。

 

来週も好ゲームに期待しましょう!

 

ではでは。