読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スティールダーツ・ハードダーツブログ

国内外のハードダーツ・スティールダーツについて、やっていて感じた事や、見ていて思った事等を書いています。

WEEK8 Betway プレミアリーグ!

というわけでマンチェスターでのプレミアリーグNIGHT8、今週はMVGが2試合という観客にとっては嬉しいマッチカードですね。


チジーファンには申し訳ないですが。

 

さっそく結果からまいりましょう。

 

マイケル・バン・ガーウェン 7-4 ジェームス・ウェード
ギャリー・アンダーソン 7-2 キム・ハイブレクト
フィル・テーラー 7-5 ピーター・ライト
エイドリアン・ルイス 7-5 イェル・クラーセン
レイモンド・バン・バーナベルト 7-5 マイケル・バン・ガーウェン

 

ついにMVGに土がつきました。


バーニーがMVGの連勝記録を44で止める素晴らしい活躍でしたね。


まぁ、MVGの調子が悪かったと言うのもありますが、それでも今まで44戦負けなしだったMVGに勝つと言うのは内容以上に価値のある結果だったと思います。


ようやく負けがついたMVGですが、ライトも負けたので、ウェードから得たポイントによって逆転し、リーグテーブルトップに躍り出ています。

 

今週は、なんとなく全体的に調子悪そうな選手が多かったように思います。
特にピーター・ライト。言うまでも無くスタートが悪すぎました。後はダブルが酷かった。


ライト自身、投げながら首をかしげたり、あまり見かけないスローに力を入れてみたりという姿が多く見られました。
調子の波が少し出てきているのは気になるところですね。


3-6となった10legでようやく156フィニッシュを決めて反撃開始かと思いましたが、時すでに遅しといった感じでしたね。

 

最後にバーニーは、8本のパーフェクトダーツを見せる素晴らしいlegに目が行きましたが、私は3-0となってから3-4まで反撃されていた間に耐えしのいでいたのはさすが歴戦の猛者だなと感じました。

 

あそこで試行錯誤した結果ズルズル負けこむというのはよくある話だと思いますが、そこはベテラン、トップ選手のメンタルの強さだったのかと思いました。

 

ギャリー、MVGから連続ポイントというのはかなり大きなアドバンテージになるかと思います。


ああいったゲームの流れを感じることが出来るのは、スティールダーツの良さなんだと思います。

 

さて、この時点で審判の夜を待たず結果が出てしまいました。

ハイブレクト、クラーセンの脱落。

 

次週からはプレーオフに向けた戦いが始まりますが、2人には是非とも最後に素晴らしいゲームをしていただきたいです。

 

さて、リーグテーブルにいきましょう!


マイケル・バン・ガーウェン/12ポイント、レッグ差+13
ピーターライト/11ポイント、レッグ差+9
レイモンド・バン・バーナベルト/10ポイント、レッグ差+3
ギャリー・アンダーソン/9ポイント、レッグ差+6
エイドリアン・ルイス/9ポイント、レッグ差+4
フィル・テーラー/9ポイント、レッグ差+3
ジェームス・ウェード/8ポイント、レッグ差+2
デーブ・チズナル/6ポイント、レッグ差-10
イェル・クラーセン/3ポイント、レッグ差-14
キム・ハイブレクト/3ポイント、レッグ差-16

 

プレーオフへの出場はトップ4人。

まだまだ読めないですが、チジーは少し厳しくなってますね。

MVGからウェードまでの差は4ポイントなので、ここはどうなるか期待したい所です。

 

では、来週のマッチカードを見てみましょう!

 

レイモンド・バン・バーナベルト(10)vsジェームス・ウェード(8)

フィル・テイラー(9)vsイェル・クラーセン(3)

ギャリー・アンダーソン(9)vsエイドリアン・ルイス(9)

マイケル・バン・ガーウェン(12)vsデイブ・チズネル(6)

ピーター・ライト(11)vsキム・ハイブレクト(3)

 

以上となってます!

括弧内はポイントですが、ギャリーvsルイス以外はポイント差がある戦いですね。

 

次週の結果次第では、リーグテーブルの差が大きくなる可能性もあります。

プレーオフに向け、審判の夜が一つのポイントになるかも知れませんね。

 

ちなみに、PDC公式では、第◯夜という記載方法はNight Eightとか、Night Tenという表記になってますが、審判の夜はしっかりとJudgment Nightとなってます。

 

なんか、粋な感じで良いですね。

 

ではでは。