読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スティールダーツ・ハードダーツブログ

国内外のハードダーツ・スティールダーツについて、やっていて感じた事や、見ていて思った事等を書いています。

決勝 2017William Hillワールドダーツチャンピオンシップ

マイケル・バンガーウェン 7-3 ギャリー・アンダーソン

 

 年間王者対現チャンピオン、第1シード対第2シードという最高の舞台がこの決勝で見られました。ゲーム内容も素晴らしい物でした。

 

始めの2スローはお互いに譲り合いでしたが、そこからの切り替えが凄かったです。

お互い343残りから、MVGが121→100→122とフィニッシュ。いきなりの100+しかもインブルフィニッシュとは、盛り上がりましたね。

 続くlegはギャリーが140→140→180→41と11ダーツ。

ほんと、この人達見てるとトリプルを入れるのが簡単に見えます。

 

180を出しても、その後が100→100としてしまうと、あっという間に追いつかれるというゲーム。

ちょっと別次元でした。

 

2人の差は、このゲームに限って言えば1投目の精度だったかと思います。

少しだけギャリーの方にミスが多かったかと思います。

140や180の数は、ほぼ互角なのに対して100+の数はMVGが10回多い。

 

この差は何処にあるのか。

 

私はリズムなのかな、と思いました。

1投目から3投目までのリズム、特にセットアップする為の腕を上げる動作がMVGは滑らかで正確。1投目の投げ方・入り方で、「あ、これは180だな」と思う時があるぐらい。

対するギャリーは、1投目を投げてからがリズムが正確なイメージ。特に2投目は外さない。

 

そんなイメージです。

あくまで素人目線ですけど。

 

MVGはトーナメントアベレージが107という驚異的なゲームをし続け、念願のワールドチャンピオンになりましたが、この勢いは簡単に止められないと思いました。

まだまだ早いですが、何連覇するやら。

 

フィル・テイラーの記録を打ち破るのは、MVGでしょう。このままいけば。

 

是非是非、みなさんも見てみてください。

 

MVGのゲームだと、語る事が減ってしまう私の悪いクセも直さなければ。

 

ではでは。