読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スティールダーツ・ハードダーツブログ

国内外のハードダーツ・スティールダーツについて、やっていて感じた事や、見ていて思った事等を書いています。

準決勝2017William Hillワールドダーツチャンピオンシップ

残すところ後3試合。

ギャリー・アンダーソン 6-3 ピーター・ライト

ギャリー・アンダーソンはチャンピオンシップになると更に強くなりますね。

 

このゲーム、1st legはなかなか苦しい展開からのスタートとなりました。

6本のダブルミスをしたピーター・ライトと5本のダブルミスをしたギャリー・アンダーソン。

 

ライトはダブルに苦しめられたゲームだったかと思います。

 

1st setは調子が上がらないライトに猛攻を仕掛けたギャリーが3leg連取でブレイク。

2set目も、後1本が決まらないライト。それを決め込むギャリーとゲームが分かれました。2legをライトも取りましたが、ここはギャリーが2setを連取。

127を60→17→25と外したライトに対して、60→17→50で決めたギャリー。ここがこのsetの決め手でしたね。

3set目は逆に、後1本が入らなかったギャリーをライトが攻めてlegを奪っていくと、4leg目では10ダーツを決めてsetを奪い返す。

ほぼ互角のゲームは6setが終わるまで続き、セットカウント3-3となってからゲームが動きました。

ここまでのゲームとは違い、ライトがギャリーについて行けなくなり、フィニッシュにチャレンジの要素が強くなったかなと思います。

もちろん上がり目が100を超えるフィニッシュをポンポン決められる訳もなく、ギャリーがここから10leg中9leg取るという猛攻、最後の8leg、3setを連取するというゲーム展開に繋がったと思います。

180を軸に、140もあるギャリーに対して、100+が増えていくライト。もちろんそれもとんでも無い事なんですが、ここはアリパリ準決勝。それでは勝てないんですね。

 

3連続優勝を目指すギャリーが決勝進出です。


マイケル・バンガーウェン 6-2 レイモンド・バーナベルト

1st setは気合の入ったバーニーが3leg連取でsetを奪いました。107.131.96フィニッシュという入りは素晴らしかったです。

続くsetもバーニーが良いゲームをしていたのですが、ここは流石メジャー総取りの年間1位。

猛追するバーニーを124.114などのフィニッシュで振り切りsetをもぎ取る。

バーニーも160フィニッシュなどで2-1にしたんですが、MVGの114アウトで流れを持っていかれましたね。あれが無ければ2set連取でしたでしょう。それを防ぐあたり、MVGの強さが見えたsetでした。

その後の2setは3-1でそれぞれが分け合いました。

 

ですが、ここからの4setをMVGがレッグカウント3-1で全てもぎ取りフィニッシュ。

結果6-2となりましたが、ここの差が今のPDC選手とMVGの差なのかと思いました。

 

もう、MVGだけ分けて良いと思います。

 

フィニッシュに向かうルートが明確で、ミスが少ない。

最後の90を18→36→36など、MVG独特のリズム、アレンジがあるなと思いました。

 

でも、アベレージ109ダブル率68%で負けるってキツイですね。

 

MVGは前年のリベンジを果たすと共に決勝進出。決勝は奇しくも年間王者対現チャンピオン。

 

最後もきっと好ゲーム。

 

ではでは。