読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スティールダーツ・ハードダーツブログ

国内外のハードダーツ・スティールダーツについて、やっていて感じた事や、見ていて思った事等を書いています。

2017William Hillワールドダーツチャンピオンシップ 準々決勝 その2

前回の2試合書きすぎたので、セッション別にしました。

早速いきます。

 

マイケル・バンガーウェン 5-1 ダリル・ガーニー

で、最初に書くのがこの男だと書く量が減ります。MVG。

MVGのゲームは、圧倒的過ぎて面白みに欠けるというのが個人的な意見です。

 

1set目、削りはいつものMVGらしくないかな、なんて思っていましたが、101.170.92と高い数字をいとも簡単に沈めるあたりは流石の一言です。

170はもちろんなんですが、101と92も60→9→32、20→48→24とスイッチしての上がりが強いのはMVGの特徴なのかも知れません。

というわけで3leg連取で1set目が終了。

 

いつも通りかなと思ったスタートでしたが、ダリル・ガーリーも意地を見せましたね。

MVGの少ないミスから、ガーリーが上がりをしっかり締めて1-1のセットカウントイーブンに。

 

とは言え、ここからはMVGが安定感を出して4setを連取したので、なんとも言えません。

MVGの凄さが分かりやすく出たゲームかと思います。トップランカーが、プレッシャーをかけつつ実力差を見せつけるゲーム展開ですね。

 

 特に、4set目を決めた残り85点の時ですね。

7シングルに入った事を見た瞬間には54→24へとスイッチしていた点は、素晴らしかったですね。左下→右上→左上ですからね。

決して簡単なショットでは無かったと思うんですよね。

さて、MVGを誰が止められるのやらですね。


レイモンド・バーナベルト 5-3 フィル・テーラー

思ったよりもスローペースでスタートしましたね。

ゲームが最初に動いたのは4set目の1-2ダウンとなったバーニーのダーツからでした。

12ダーツ投げた時点で167残り。

削りでいえば良いとは言えない状況でしたが、目の覚めるようなフィニッシュで167を沈め、続くlegも120アウト。

どちらのlegも後に続くフィル・テイラーが74と39残りだったので、チャンスをモノにした感が有りました。

続く2setはフィル・テイラーが奪い返して3-3のイーブンになりましたが、両者どこかピリッとしないダーツが続きましたね。

 

続く7set目からは、少しバーニーがフィル・テイラーに対してプレッシャーを強くした感じがありましたね。

続けて2set連取したバーニーの勝利。

266残りからの180と、86を18→18→50は良かったですね。

 

このゲーム、あまり燃えなかったかなと個人的に思います。

大事な所でのミスが多かったからかな。

 

残るゲームも少なくなりました。

好ゲームを期待しましょう。

 

ではでは。