読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スティールダーツ・ハードダーツブログ

国内外のハードダーツ・スティールダーツについて、やっていて感じた事や、見ていて思った事等を書いています。

2017William Hillワールドダーツチャンピオンシップ 2回戦初日

イアン・ホワイト 4-1 ジョニー・クレイトン

難なくイアン・ホワイトの勝利でした。

終始無理のないダーツをしていたイアン・ホワイト。ジョニー・クレイトンが勝つのはちょっとキツかったゲームですね。

5set目の0-2になった時には、ちょっと流れが変わったのかな、と思いましたが、そこから3leg連取してフィニッシュ。

 安定感有りましたね。


マイケル・スミス 4-3 マービン・キング

またもこの男が熱いゲームを見せてくれましたね。マービン・キング。

タイブレークまでもつれたゲームは、マイケル・スミスの勝利でしたが、どちらが勝ってもおかしくないゲームでしたね。

マイケル・スミスのフィニッシュが悪かったというのも有りましたけど、マービン・キングが徐々に追いついていくのは、また何かが起こるのでは、と思わせるゲーム展開でした。

マービン・キングの2set目の残り18点が上がれていたら、最後の120で上がっていたら、そう思わせるゲームでした。

マイケル・スミスはもっと早くにゲームを終わらせる必要があったと思います。こんなに苦しめられるゲームじゃなかったと思います。

 


ベニト・バン・デ・パス 4-3 テリー・ジェンキンス

またもタイブレークまでもつれたゲームでした。テリー・ジェンキンスにとっては、悔しい敗戦ですね。バン・デ・パスが24を7本も外して回ってきたマッチポイント、最後のトップが外れた時点でゲームは決まってしまったのかも知れませんね。

バン・デ・パスはその後、110を20→54→36で上がる等、フィニッシュが良くなり勝利。

もったいないですね。


ダレン・ウェブスター 4-0 サイモン・ウィットロック

まさかの展開でした。

相性の悪さも知ってはいましたが、まさかチャンピオンシップでも、ダレン・ウェブスターがウィットロックをボコボコにするとは。

最後の140が決まってもまだ、理解しづらかったです。ウィットロックも悪くはなかったと思うんですけど、ダレン・ウェブスターが良すぎた。

setでのゲームが完璧にハマった試合だった気がします。

面白かった。


ギャリー・アンダーソン 4-0 アンドリュー・ギルディング

全てのsetで3-1という楽勝ゲームでした、現チャンピオンのアンダーソン。

取られたlegもアンダーソンの上がりミスにギルディングが上手く上がったというゲームでした。

132の50→50→32は美しかったですね。


エイドリアン・ルイス 4-0 ジョー・カレン

これまたストレートセットゲームでした。

エイドリアン・ルイス、強かった。

1〜3setのアベレージは107超えかな。最後の4set目は少しスコアを落としましたけど、それでも102超えてるぐらいかな、と。

2set目の3leg、161残りでジョー・カレンは210残り。あっさり上がってしまったルイス。

心を折りにくるフィニッシュでしたね。

ジョー・カレンはコドビー戦とは違い、悪かったですね。全然入ってこなかったです。

 

うーん、決勝楽しみだな。

 

ではでは。