読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スティールダーツ・ハードダーツブログ

国内外のハードダーツ・スティールダーツについて、やっていて感じた事や、見ていて思った事等を書いています。

2017 William Hillワールドダーツチャンピオンシップ 2日目

2日目終わりましたね。

プレミナリーを見落としてしまったので、今日は3戦の感想を発信!!

 

ガーウェン・プライス 1-3 ジョニー・クレイトン

軽いジャイアントキリングですかね。

2015年Qスクールから参戦しているジョニー・クレイトンが勝利。ゲームを見た感じではかなりガーウェン・プライスが苦しんでいましたね。単純なシングルでのアレンジを外したり、2投目に57を狙って7シングルばかり入ったり。

ただ、ガーウェン・プライスがダメなだけではなくて、ジョニー・クレイトンもしっかり削ってましたし、強かったと思います。

ランキング60位ってどういう事??って思うぐらいでした。

ガーウェン・プライスは3年連続のFirst round敗退なんですね。残念

 

 スティーブ・ビートン 3-1 デボン・ピーターセン

終始安定していたスティーブ・ビートン勝利。

デボン・ピーターセンは、どこか苦しそうに投げてましたね。決してミスが連発していたようには見えなかったんですけど、1投目がだいたいズレてたかな、と。

スティーブ・ビートンって、欧州版谷田選手って感じ。いや、谷田選手好きなんで。

 

 ピーター・ライト 3-0 ジェリー・ヘンドリクス

このゲームも、安定してピーター・ライトが入れて勝利。アベレージ差も15ほどあり、さすがにチャンスも少なかったジェリー・ヘンドリクス。

最初の3legを立て続けに取られてましたが、2set目の1st legは158を上がり、3rd legでは5本目までパーフェクトの11ダーツ。盛り返すかと思いましたが、次のlegでは回ってきたチャンスを活かせず。

あそこで流れを持って行けたら、展開も違ったんでしょうけど、多分それでも、ピーター・ライトが勝ってた。そんなゲームでした。

 

明日は、プレミナリーに知野選手登場!!

期待しましょう!!

 

ではでは。