読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スティールダーツ・ハードダーツブログ

国内外のハードダーツ・スティールダーツについて、やっていて感じた事や、見ていて思った事等を書いています。

WEEK2 Betway プレミアリーグ!

さて、本日からまたプレミアリーグ+UKオープン予選の4連続が始まりました。

 

早速結果から!

 

エイドリアン・ルイス 7-2 デーブ・チズナル
ジェームス・ウェード 6-6 フィル・テーラー
イェル・クラーセン 3-7 ギャリー・アンダーソン
ピーター・ライト 3-7 マイケル・バン・ガーウェン
キム・ハイブレクト 6-6 レイモンド・バン・バーナベルト

 

となっております!

 

この中で私の注目したゲームはウェードVSテイラーです。

正直、ゲーム途中まではウェードが勝つと思いました。テイラーがあまり入っていなかったというのもあったんですが、ウェードが途中まで本当に良いダーツをしてたんですよ。

 

ただ、そこは歴戦の強者フィル・テイラー

121.104.142と素晴らしいフィニッシュを見せ食らいつき、結果6-6イーブンにしてみせました。

フィル・テイラーのハイオフがウェードにプレッシャーを与えたのかな、と。

 

試合前のコメントでウェードは、「フィルは昔のような素晴らしいフィニッシュや安定感、攻撃性は無くなったが、それでもどんなプレイヤーでも倒すことの出来る実力を持っている」というコメントを出してましたが、評価通りの結果となってしまいましたね。

昔ほどの安定感を失いつつあるフィル・テイラーですが、素晴らしいフィニッシュを時折見せる姿は、流石の一言。

 

特に、5-5となった142フィニッシュは素晴らしかったです。

 

今回のゲーム、フィル・テイラーは180が一度も出ませんでした。

しかし、それでも世界トップレベルにいる事に間違いありません。

 

そんなゲームでしたね。

 

やはり、プレミアリーグのプレッシャーか、どの選手も普段通りのアベレージに到達していないような印象です。

 

WEEK2で、アベレージ100を超えたのは、MVGの105と、ギャリー・アンダーソンの100。

やはり、この2人はどこか違うレベルに到達しつつあるのかも知れませんね。

 

リーグ・テーブルはPDC公式をご覧ください!

審判の夜までまだまだ有りますが、MVGを倒す選手は出てくるのでしょうか。

 

やはりテレビ中継になるとMVGは強いですね。

 

ではでは。

スティールダーツ・ハードダーツ練習

みなさん、普段投げる時はどんな練習方法で楽しんでますか??

 

ソフトダーツだと、目標が出しやすいですが、スティール・ハードダーツだとそうはいかないです。

アナログのデメリット部分かも知れませんね。

 

そんなわけで、私が普段やっている練習方法や、教えていただいたモノを紹介します。

軽く何本か投げてから行ってるメニューです。

 

1.20に10本連続で入れる。

まずは基本の20です。単純ですね。

20のシングル、ダブル、トリプルのどこかに必ず入れて、10本連続で入るまで投げる。

 

この時にポイントなのは、1投目や2投目に投げて20を外してしまったら必ずそのラウンドを終えて、ダーツを取りに行くという事。バーストしてしまった時のようにですね。

これをする時にイメージするのは、3投1ラウンドで20へ投げるリズムを付ける事です。

 

2.アラウンド・ザ・クロック

次にダブルの連続です。1から20までのダブルを入れていきます。最後にインナーに3本入れたら終了。

 

ここでは、なるべくシングルには入れずに外すつもりでダブルを狙います。

 

3.121

121を9本で上がる連続です。

121が終わったら122.123と続けていきます。

失敗したら121から。だいたい125まででいつも止めてます。

どこまでやるか、セーフティをつけるかなどはそれぞれの判断で。

削りも上がりも練習になりますね。

 

4.50

50を3本で上がる練習です。

ルールとしては、1投目にインナーを狙うこと。

インナーに入れば2点、外れても3本で上がれば1点。20点になるまでやります。

 

1投目にブルを入れるという練習と、外れてしまってからのリズムを身体に染み込ませる練習です。

 

5.ラウンド・ザ・クロック

1から20までのシングルに入れていきます。

私は、1から20までを連続で入るまで投げます。

 

そんな所ですかね。

 

ただ、対戦相手がいる時は、なるべく対戦するように心がけてます。

生のリズムって大事ですから。

 

以上です。

 

他にもこんな練習でダーツを楽しくやってますよー、なんて方がいたら教えて欲しいです!

 

ではでは。

ハードダーツ・スティールダーツ情報収集

普段みなさんは、ハード・スティールダーツの情報ってどこで仕入れてますか?

 

お店で、ダーツ仲間から、という人もいるかと思います。

あとは、最近ですとFacebookでもかなりの情報を見つける事が出来るようになりましたね。

 

日本国内ではなかなか孤立しがちなスティールダーツプレイヤーの為のサイトは無いものかと。

 

そんな私が普段見ているサイトをご紹介します。

と、言ってもおそらくみなさんご存知のサイトかとは思いますが。

 

1.PDC 公式ページ

http://www.pdc.tv

みなさんご存知PDC公式ページです。

日本語翻訳などされてませんので、なんとか頑張って読んでます。読めるけど書けない典型的な日本人。学生時代にもっと英語を勉強しておけばと、後悔しています。

 

2.SMAG.S-DARTS magazine

http://magazine.s-darts.com

ダーツオンラインショップなど展開しているS-DARTS運営サイト。

中西永吉選手のブログがUKダーツの今を見せてくれて素晴らしい内容ですね。

PDC公式ページを翻訳して掲載してくれてますが、もちろん掲載が少し遅かったり、公式にあるのにSMAGに無い記事が有ったりです。

中西永吉選手以外のプロも、たまーに記事が載りますがダーツ関係ない記事ばかりなので見てません。

後は、ALL OF DARTS 三浦 成貴さんの記事も掲載されてますが、ALL OF DARTSの公式で見れば良いと思います。

 

3.ALL OF DARTS

http://allofdarts.com

というわけで、ALL OF DARTSも見てます。

国内外の、ソフトもハード・スティールダーツも関係なく様々な情報が載ってます。

内容は少ないかも知れませんが、こんなのあるのか!と驚かされる記事も多く有るので見てみると面白いです。

The Powerの動画なんて、Russ Brayを見て爆笑しました。見て欲しいです。

 

4.PDC Live Score

http://live.dartsdata.com

これを友人から教わった時には、今までの苦労は何だったのかと愕然となりました。

前までは試合を見ながらスコアを書いて、ゲームが終わったらそれぞれパソコンに入れて、なんてやっていたのに。

 

過去の対戦成績なども見れますし、1st 2nd 3rdのスローのそれぞれのアベレージや、もちろんダブル率も出てます。

Liveと書いてあるだけあって、リアルタイムに試合が有ると、更新されるそうです!素晴らしい!

 

5.youtube

あんまり良いことでは有りませんが、試合が終わると当日には誰かがアップしてます。

もちろん非公式なんでしょうけど。

後は、中西永吉選手が最近動画投稿をしていたり、japanese guy tvというチャンネルで、ハードダーツに関しての素晴らしい内容ばかりの動画が載ってます!180ショップの動画とか羨ましかったですね。是非ご覧ください。

 

6.Facebook

Facebookも、情報収集には素晴らしいアイテムですね。

これは説明の必要無いですね。

 

7.Darts Database

http://www.dartsdatabase.co.uk

ダーツプレイヤー名鑑ですかね。

PDC BDOだけでなく、浅田斉吾選手や中西永吉選手などの日本人選手の情報も載ってます!

walk on musicも載ってるので飽きないです。

 

とりあえずでこんなところです。

 

他にも何か面白いページが有れば教えて欲しいです。

 

ではでは。

ブルの使い方/アレンジにおけるブル

スティールダーツ・ハードダーツにおけるブルは、上がる為の手段の一つでしか無い。

 

以前そう私は書きました。

今でもその考えは変わってません。

動画を追って見ていて、更にそう思う瞬間が有りましたので久しぶりに書いています。

 

UKオープン予選2日目決勝、サイモン・ウィットロックのフィニッシュで、94をブルから投げているシーンが有ります。

50→4→40でフィニッシュしていましたが、他にも

25→57→12

25→19→50

というアレンジですね。

なるほどです。

 

今まで私は94だと迷わず54→40で狙ってました。18→60→16、時には18→36(18ダブル)→40ですね。

 

しかし、これはトリプルもしくはダブルが入らないといけないので、ミスも多かったです。もちろん、ブルに入らないといけないのは間違いないですが、ブルが入らなくても93以下なら2投で上がる事が出来ますね。

 

この方法は、25+20+50の数字の中でなら成立するという事ですね。

今後のダーツで試して遊んで見たいと思いました。

25→17→50=92

25→16→50=91

25→14→50=89

なるほどなるほど。

 

シングルブルの使い方もまだまだ沢山有りますね。

 

ではでは。

3日目!UKオープン 予選

中西永吉選手、山田勇樹選手共にプレミナリーで敗退。

UKオープン予選も残りは3日間です!

次は、プレミアリーグを挟んで10日からの3日間です!頑張ってください!!

 

さてさて、注目の結果は...

 

ピーター・ライトが2勝目!

 

MVGがなかなか優勝しないですね、準々決勝でピーター・ライトが6-4で下してますね。

追記:動画を見ていて聞こえてきたのは、ライトがMVGに勝ったのは、2015年の東京以来16ゲームぶりという情報。

ライトの持つ壁をこれで一つ超える事が出来ましたね。今後のピーター・ライトに更なる期待を寄せたいと思います。

 

それと、9ダーツが出ました!

3回戦でテッド・エベットがサイモン・ウィットロック相手に9ダーツを出して勝利しています!

素晴らしいですね!!

 

さてさて、ここまでのUKオープンのオーダーオブメリットトップ10です!

1 ピーター・ライト £21,500
2 サイモン・ウィットロック £10,250
3 マイケル・スミス £6,000
4 ギャリー・アンダーソン £5,750
4 エイドリアン・ルイス £5,750
6 スティーブ・ビートン £5,500
7 イアン・ホワイト £5,250
8 デーブ・チズネル £4,750
8 イエル・クラーセン £4,750
10 レイモンド・バーナベルト £3,750
10 ジェームス・ウェイド £3,750

 

となっております!

トップ10に意味は無いですが。

 

ちなみに、オーダー・オブ・メリットはPDCの公式ホームページを参考にしております。

 

気になる方はそちらをご覧ください。

 

次は、プレミアリーグWEEK2ですね。

なかなか調子が上がらないMVGですが、次回はどうでしょうね。

 

ではでは。

2日目!UKオープン 予選

中西永吉選手、山田勇樹選手、本日もベスト128で敗退。

中西永吉選手の負けたマーク・バリリ?選手ですが、5thラウンドまでいってましたね。

あと4日有りますので、是非ギャリーと!MVGと!PDCトップ選手と戦って欲しいですね。

 

そんな2日目ですが、優勝は...

 

サイモン・ウィットロック!!

 

あれ、またMVGじゃない!!

MVGは、4thラウンドでスティーブ・ビートンに2-6で負けてます。

 

予選は通れば良いやという考えなんでしょうか。

 

それとも、不調の波が来たのか。

フィル・テイラーも毎年この時期に体調を崩したと言われるほど、プレミアリーグ参加者には辛い時期です。

 

明日も中西永吉選手、山田勇樹選手には頑張っていただきたいですね!

 

ではでは。

初日 UKオープン 予選

UKオープン予選の初日が終わりました。

 

日本人選手2人は共にベスト128と、賞金圏内まであと1勝でした。

 

中西永吉選手は...ロニー・バクスターに勝ってる!?凄いっ!!

2回戦のカーク・シェパード選手に負けてしまいましたが、ロニー・バクスターに勝つというのは良い経験になったに違いないですね!

 

山田勇樹選手は、プレミナリーから出場となりましたが、2回戦まで2度の勝利をあげました。

これまた凄いです!!

 

そして、予選初日の優勝は...

 

ピーター・ライト!!

 

MVGじゃない!!

MVGどこいった!?

3回戦で、リッチー・エドハウスに負けてる...

 

こんな事が起こるのがUKオープン予選。

ワールドチャンピオンが初戦敗退なんて事もザラに起こるとか。

 

動画が見たい!!

 

中西選手、山田選手、明日も頑張ってください!!

 

ではでは。